Top Page遠距離恋愛の宿泊費節約

カラオケ・漫画喫茶・レイトショーによる節約

横になってゆっくり眠れなくてもいい!という方は、カラオケや漫画喫茶映画のレイトショーなどで一夜を明かすのも1つの手です。深夜のフリータイムを利用すれば、1000円程度で早朝まで過ごすことができます。

特に漫画喫茶では、横になって眠れるスペースやマッサージチェア、シャワールームなんかも完備しているところがほとんどですので、思った以上に快適に過ごすことのできる穴場だったりします。

ただし、女性が深夜に独りで、というのはあまりにも危険なので、必ず相手や友達を付き合わせてしまいましょう。

格安ホテル・ビジネスホテルによる節約

最近ではホテルでも格安で泊まれる所が増えてきました。

特にトクー!トラベルでは、1泊2食109円のホテルや宿に予約することが可能になります。テレビでも何度も特集されており、サービスも通常と変わらないため、現在では異常な人気を誇っています。

宿泊直前に予約すれば半額以下で泊まれる宿も多いため、102とりくも旅行の際には一番に利用するおすすめサイトです。

他にもインターネット上で格安ホテルを予約できるサイトとして、旅の窓口と合併し日本最大の旅行サイトとなった楽天トラベルがオススメです。

国内はもちろん、海外ツアーもかなりの数が登録されており、どこへ行くにも情報収集に困ることはないと思います。

まずはインターネットで検索を掛けてみることをお勧めします。ビックリするくらい安いお値段のホテルを見付けることが出来るかも知れませんよ。

ブティックホテル・ラブホテルによる節約

ブティックホテル、俗に言うラブホテルは、当然ながらカップルでの宿泊に限定される場合がほとんどですが、その分、カップルにとって最もコストパフォーマンスが高いのが特長です。

イメージが良くないと思う方が居るかも知れませんが、最近はお洒落でアミューズメント性の高い、一般のホテル顔負けのブティックホテルがかなり増えてきていますので、一度も行ったことのないカップルは騙されたと思って泊まってみることをお勧めします。意外と楽しめて、ハマってしまうかもしれませんよ。お互いの愛もきっと深まります。

友達の家による節約

もし、近くに友達が住んでいるのであれば、これも利用しない手はありません。手土産片手に、泊めていただけないか頼み込んでみましょう。

気心が知れてる友達であればゆっくりとくつろげるはずです。逆に、アナタにもそのような友達が頼みに来たら、快く泊めてあげて下さい。

相手の家による節約

相手の家に泊めてもらえる場合は、余計なプライドは捨て、その行為に最大限甘えさせていただきましょう。

相手の家というのはどうしても緊張してしまいますが、相手の家族とも仲良くなれるチャンスです。積極的にコミュニケーションをとっていきましょう。

遠距離恋愛の宿泊費節約

交通費の次に節約しなければならないのが宿泊費。日帰り不可能な遠距離恋愛の場合、滞在期間が必然的に長くなってしまうため、宿泊費も大きな出費となってしまいます。

特に、お互いの距離が近付ききっていない恋愛初期は、色々と頭を悩ませることも多いでしょう。出費と気持ちの狭間に揺れてしまう宿泊の問題は、きちんと計画を立てるべき事柄かもしれません。