Top Page遠距離恋愛の電話代節約

手紙を書く

節約という側面からいうと趣旨違いかも知れませんが、やはり手書きの手紙をもらうと嬉しいものです。

通信が急速に発達したこんな時代だからこそ、たまには電話やメールから離れて、想いを自分の字で書き綴ってみてはいかがでしょうか?

ブロードバンドインターネットによる節約

近年、CATVやADSL、FTTHなどの常時接続ブロードバンド回線が主流となってきましたが、節約を考えるとADSLの選択がベストです。

インターネット配信される動画や映画などを見ない限り、回線実効速度は1Mbpsも出れば十分実用的と言えます。我が家では0.5Mbpsですが、インターネットをしながらブロードバンドプロバイダが提供するIP電話も問題なく使えます。回線実効速度を測定するにはUSENのスピードテストが便利です。

お互いのコミュニケーション手段としては、メールやメッセンジャー(MSNメッセンジャーYahoo!メッセンジャーなど)が主になるでしょう。また、お互いのコミュニケーションを図りながら、ブランク期間を利用して、このサイトで紹介しているようなお小遣い稼ぎに挑戦し、デート費用を稼ぐなどの目標を立ててみることもお勧めします。

固定一般電話による節約

日本テレコムやKDDIの固定電話サービス加入したにより、NTTも大幅な電話料金の値下げを図りました。72000円と高価だった電話加入権も廃止になりました。

ただ、固定電話をそのまま使うだけでは、遠距離恋愛にとって何のお得にもなりません。ひかり電話など、コストパフォーマンスの高いサービスもありますが、WILLCOMやSkypeの使い勝手に比べると見劣り感は否めません。

もはや固定電話の必要性は薄れつつあるので、緊急用と割り切って、安いケータイやインターネット電話にシフトすることをオススメします。

IP電話・Skypeによる節約

IP電話とは?

IP電話とは、インターネット経由の電話のことを示します。音声をそのまま飛ばすのではなく、一度インターネットで扱えるデータに変換してから通信を行うため、通信料金がインターネット接続料+α程度、もしくは市内通話料金以下しか掛からないという大きなメリットがあります。

IP電話サービスの中でもコストパフォーマンスが高いのは、ブロードバンドプロバイダが提供しているIP電話です。Yahoo BBフォンとか@niftyフォンとかの類です。

提携しているプロバイダ同士であれば通話料が完全無料になるケースも多く、050から始まるつまりは自分専用の電話番号を持てるサービスも多いです。今後、家庭の固定電話は全てIP電話にシフトしていくことと思います。

Skypeとは?

Skypeとはインターネット上で簡単に電話を実現させたサービス。むかしNetMeetingなんていう似たソフトで102とりくも通話してたましたが、基本的にはそれと同じものです。

インターネット上の通話なので、お互いがSkype同士だと通話料は無料です。つまり、たとえ24時間繋ぎっぱなしでも無料ってこと。スゴイですね。

ソフトをインストールして、マイクをつなげればそれだけでパソコンが電話に早変わりします。最近はパソコンに標準装備されているWebカメラ(なくても2000円程度で買えます)を使えば、お互いの顔を見ながらテレビ電話だってできちゃいます。

遠距離恋愛の2人にとってこれ以上のサービスはありません。是非利用しましょう。

携帯電話(ケータイ)の節約

遠距離恋愛カップルにとって欠かせないのが携帯電話。電話やメール、テレビ電話など、日常のコミュニケーションのほとんどが携帯電話に頼ることになるでしょう。

docomo、au、Softbank

ケータイ大手3社と呼ばれているdocomo、au、Softbankは総じて基本料金・通話料金共に高い傾向があります。

特にdocomoやauは一般向けにフォーカスされた料金体系のため、遠距離恋愛には向きません。上手く使っていかないと、すぐに数万円単位での請求が来てしまうので注意しましょう。

softbankはお互いはホワイトプランとWホワイトに加入していればまだマシですが、それでも夜間の通話には料金が掛かってしまいますので要注意です。

遠距離恋愛ならWILLCOM

そこでオススメはWILLCOM。どんなにメールや電話をしても2900円、パケット代定額サービスも安いので、遠距離恋愛には最適です。

一時は機種の少なさからメイン機種にするのが難しかったWILLCOMですが、最近では機種のラインナップも豊富なのでメインにしても全然使えます。PHSだからといって通話域に制限されることもほとんどありません。

もちろん、金銭的に余裕がある場合は、docomoやauをメインにして、WILLCOMを彼氏彼女専用ケータイにするっていうことも手です。

似たようなキャリアにe-mobileもありますが、まだ通話品質が満足できていなくトラブルも多いようです。経験のあるWILLCOMにした方が無難ですね。

遠距離恋愛の電話代節約

遠距離恋愛を続けていく上で、コミュニケーション手段として欠かせないものが電話です。

近年、通信のブロードバンド化に伴って、節約を考えなくても良いほどの様々な割安通信が普及してきました。遠距離恋愛をする2人にとっては嬉しい傾向だと思います。

特にIP電話やSkype登場は、天の助けと言っても過言ではないほど電話代の節約に恩恵を与えてくれました。電話や通信の技術は今後も発展していく可能性があります。

これらを駆使しながら、遠距離恋愛だと感じないほどの積極的なコミュニケーションを心掛けていきましょう。