Top Page遠距離恋愛の電話代節約携帯電話(ケータイ)の節約

携帯電話(ケータイ)の節約

Check

遠距離恋愛カップルにとって欠かせないのが携帯電話。電話やメール、テレビ電話など、日常のコミュニケーションのほとんどが携帯電話に頼ることになるでしょう。

docomo、au、Softbank

ケータイ大手3社と呼ばれているdocomo、au、Softbankは総じて基本料金・通話料金共に高い傾向があります。

特にdocomoやauは一般向けにフォーカスされた料金体系のため、遠距離恋愛には向きません。上手く使っていかないと、すぐに数万円単位での請求が来てしまうので注意しましょう。

softbankはお互いはホワイトプランとWホワイトに加入していればまだマシですが、それでも夜間の通話には料金が掛かってしまいますので要注意です。

遠距離恋愛ならWILLCOM

そこでオススメはWILLCOM。どんなにメールや電話をしても2900円、パケット代定額サービスも安いので、遠距離恋愛には最適です。

一時は機種の少なさからメイン機種にするのが難しかったWILLCOMですが、最近では機種のラインナップも豊富なのでメインにしても全然使えます。PHSだからといって通話域に制限されることもほとんどありません。

もちろん、金銭的に余裕がある場合は、docomoやauをメインにして、WILLCOMを彼氏彼女専用ケータイにするっていうことも手です。

似たようなキャリアにe-mobileもありますが、まだ通話品質が満足できていなくトラブルも多いようです。経験のあるWILLCOMにした方が無難ですね。

前の記事 | トップページ | 次の記事

Facebookでコメントする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます

手紙を書く

ブロードバンドインターネットによる節約

固定一般電話による節約

IP電話・Skypeによる節約

携帯電話(ケータイ)の節約

遠距離恋愛の電話代節約